バイアグラ通販|バイアグラを通販する時の注意点

インターネットでバイアグラを購入するのは違法?

バイアグラ通販

バイアグラをインターネットでアメリカから取り寄せるのは、あくまでも個人の意思により、一人1か月分の輸入に限り、個人輸入が可能であるというのが厚生省の見解です。

 

ということは、バイアグラは一日一錠までの服用が許されていますから、30錠までなら違法にならないのです。

 

しかし、自己診断でバイアグラを購入し、服用するというのは、やはり心配でリスクのあることです。

 

医師の診断による健康チェックでも10人に1人ぐらいは危険な高血圧や虚血性心疾患などが見つかっています。

 

医師に相談するのは恥ずかしいという思いの人もいることでしょう。副作用のリスクを小さくしたいのなら、無理してでも医師の診断を受ける必要があります。

 

また、個人輸入で購入する時も、一応は薬局などで販売されていますが、実際のところ出所が確認できないわけです。もし輸入代行業者を通して購入したバイアグラが偽物であったとしても、結局は自己責任ということになり困るのは自分自身なのです。

 

安心してバイアグラを使いたい人は、やはり日本性のものを、医師の処方で入手するようにしてください。

偽物と本物の違い

 

バイアグラ通販

バイアグラが出始めたころから、偽物が出回っているという噂はありました。このころの偽物は、赤やグリーンなどの本物とは明らかに色が違っていたり、大きさは形、ロゴなどが微尿に違ったりした偽物でした。

 

最近の偽物一目ではそれと分からないようになっていますが、本物がどのようなものかを知っておけば偽物にも気がつくことができるかもしれません。

 

本物のバイアグラはひし形をしたブルーの錠剤で、錠剤の表に「Pfizer」のロゴが、裏には「VGR50」「VGR25」と錠剤の重さがかかれています。

 

日本性のバイアグラはアメリカのようにボトル入りではなく、それぞれ2錠ずつPTP包装されています。また、国内で製造されたバイアグラにはきちんと日本製とクレジットがあり、バイアグラについての説明がパッケージにも日本語で書かれています。

 

バイアグラの服用している人は、その部分を切り取って免許証などと一緒に携帯していれば、何かあった時にも適切な医師の診断を受けることができるので安心だと思います。